ドジ井坂とは

本名 井坂 啓己
いさか ひろみ

1948年神奈川県茅ケ崎市生まれ。バスケ部キャプテンをつとめた鎌倉学園中学3年生の時にベニヤ板でサーフボード自作しサーフィンを始める。鎌倉学園高校でもバスケ部キャプテンをつとめたが大学受験失敗、浪人中サーフィンにはまってしまう。

拓殖大学に入学するも半年で中退。米国カリフォルニアに渡りサーフィンにさらにはまっていく。米国にてサーフボード製作技術をマスター。帰国後サーフボードのシェイプをしながら全国をサーフィン三昧する。

1969年、全日本サーフィン選手権に優勝。日本初代表として向かったメキシコでの世界選手権がキャンセルされ、翌年のオーストラリア開催になったことを知らずに現地で気づく。USサーフィン誌に『ドジをした日本のチャンプ・・・』という記事で紹介され、アメリカ本土やハワイのサーファー仲間から 「Doji」の ニックネームで呼ばれるようになる。

1976年、全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオン。1980年、プロサーフィン競技活動から引退後はサーフィンをはじめマリン・ビーチスポーツのDJ、海、海岸などの全体のプロデュースやプロモーション活動に行い1989年には「一年中いつでも気軽にビーチスポーツや浜辺を楽しむ海を作りたい」と提唱し(社)ビーチクラブ全国ネットワークを設立する。

多数のテレビやラジオ、サーフィン関連著書多数、雑誌取材やイベント企画、、ボランティア活動を精力的に行う。

30年以上に渡って数千人をサーフィン指導するなかで、サーフィンのさらなる研究、トレーニング用具やトレーニング理論を進化させ、21世紀の新しい理論としてダイナミックバランスサーフィンを確立する。

サーフィンに始まって、何にでも興味を持ち、海から山までいろいろなところに顔を突っ込んで自分でやってみないと気が済まない超器用貧乏。

Facebook Twitter

 

企画・運営プロデュース
JALオーストラリアキャンペーン
丸井プロサーフィン世界選手権
ウィンドサーフィン世界大会「サムタイムワールドカップ」
JAL沖縄キャンペーン
JAL「「リゾッチャ」ハワイキャンペーン
FM横浜「WE LOVE SHONAN」キャンペーン
日本初国際スノーボード大会(妙高高原パノラマスキー場)
「サーフ’90」
スノーボード世界大会「セーラムスポーツパラダイス ワールドスノーボーディング」
JAL北海道キャンペーン  など他多数

テレビ番組・ラジオなど
フジTV「オールナイトフジ」サーフィンコーナーレギュラー出演
ニッポン放送「ハートのイグニッション」レギュラー出演
FM横浜「MARUI 24 CLUB」ビーチマリントーク レギュラー出演
サーフィンの練習キットがテレビ東京のワールドビジネスサテライトで紹介
セーラムワールドカップ スノーボード選手権 DJ解説           など他多数

役員履
A.S.P.(世界プロサーフィン運営組織)理事に就任
運輸省「ビーチ・マリン研究委員会」委員就任
「ひらつかビーチクラブ」を設立。相談役就任
「ビーチクラブ全国ネットワーク」事務局設立 事務局長就任
国土交通省港湾局 あらたな海辺の文化創造研究会「ビーチスポーツ研究会」委員  など他多数

著書
ドジ井坂のサーフィンクリニック
ドジ井坂のサーフィンが上手くなりたい!
ドジ井坂のサーフィンスクール
家族で楽しむドジ井坂の海遊び学
ダイナミックバランスの魔法   など他多数

 

若かりし時代のドジ井坂

1969年 茅ヶ崎でサーフィンするドジ

  

1968年 アメリカでシェイパーとしてサーフィンにのめり込む

 

1971年 ハワイノースショアでトレーニングを積むドジ

 

1976年 全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオンになったドジ

  

1976年 全日本プロサーフィン授賞式