小波で失速しないテイクオフ

 

テイクオフとターンを分けて考えている方が多いと思います。それは昔のロングボード的な考え方で、ショートボードなら踏ん張らないテイクオフ動作が出来れば、テイクオフ体操の動作そのものがターンの動作に素早く移行できるのです。

この動画のポイントは、テイクオフ体操のゆっくりした動作で、力まないターンで加速できるということです。つまり、両足で一気に立ち上がる動作は、その直後に踏ん張ってしまうので、動作が止まってしまいターンの動作が遅れてしまいます。

本来あるべきは、片足ずつ順番に1、2、1,2とバタバタ(フェザリングステップ)することで、常にボードの中心に体重が乗った状態になり、加速しやすくなります。

ダイナミックバランスのサーフィンのテイクオフ動作の精度をトレーニングしましょう。