腹ばいでボードコントロールを練習する

この動画はサーフィンのターンを基礎から学ぶためにボードの気持ちになって波に乗るトレーニングです。

サーフィンはボードに立って波に乗るスポーツですが、その操作はボードの動きによってアクションがつくられるので、体をどれだけ動かしてもサーフィンのアクションにはなりません。

そこでボードをどのように操作すればいいか、ボードの気持ちになってボード操作をトレーニングしています。

この動画のポイントは、トレーニングのはじめは、やはり横には上手く進めず失速することが多いです。それは波との関係は、車や飛行機の操縦のように理論を先に理解した上で、実践経験を積んで判断能力を高めるトレーニングが必要だからです。

後半になると少しずつボードの操作になれてスピードが出るのが見た目にも分かると思います。そして初めて今までにないサーフィンのスピード感覚と操作性を体験から実感できるようになります。